トナーにカートリッジお勧めの人気商品をご紹介

最近の業務用プリンターと言えばその大半がトナーと呼ばれる粉を利用した印刷方式が採用されています。モノクロの場合には黒のカートリッジを差し込むだけで簡単に使用することが出来ますし、カラープリントの場合には通常は赤、青、黄、黒の4色のトナーをセットすることでどのような色も再現することが出来ます。この様な仕組みを持っているプリンターは高速印刷に対応しているため企業向けに適していますが、コスト面については課題になる部分も少なくありません。消耗品であるトナーは高価なものであるため、少しでも節約するための様々な工夫が求められています。最近ではそのようなコストカットを目的とした様々な商品が登場していますので、それらを上手に活用することが求められています。

リサイクルトナーカートリッジの活用について

コストダウンという点に注目すればリサイクルトナーの存在は無視できません。新品のトナー格納容器ごと購入するメーカーの純正品に比べて、使用済のカートリッジを活用するリサイクルトナーではコストの大幅カットが可能であり、結果として大きなコストカットにつなげることが出来るのです。そのコストカットの幅は50%以上になることも珍しくないため、大きな効果を期待できます。その一方で機械の故障のリスクに対応していかなければならないため、メリットばかりではなくデメリットについても十分に検討してどうするかを考えるようにしなければなりません。リサイクルトナーの存在はメーカーにとってメリットがあまりないため、サポート体制に影響が出る場合もありますのでよく注意しておく必要があります。

汎用品を利用するという方法について

OA機器で使用するトナーカートリッジには大きく分けて3種類が存在しています。一つはメーカーの純正品ですが、もう一つ有名なのが使用済のカートリッジにトナーを詰め直して利用するリサイクルトナーです。しかしそれ以外にもメーカーの委託を受けて製造販売を行っている他社の製造した汎用品と呼ばれるものが存在しています。この汎用品はメーカーの純正品に比べて若干安く販売されている商品ですが、リサイクルトナーとは異なりメーカーのサポートを受けることが出来る場合もあります。この様な特徴を持っているのが汎用品のトナーカートリッジです。この様な商品も登場してきていますので、ケースバイケースで使用するトナーカートリッジを選択するようにするとメリットを最大にすることが出来ます。