トナーやカートリッジを交換する際のポイント

プリンターやFAXなどとの複合機などを使って印刷を何度も繰り返しているうちに、少しずつインクが少なくなっていき、トナーが空っぽになってしまいます。そうなってしまえば、一般的にはプリンターや複合機などのメーカーに問い合わせてカートリッジを注文して丸ごと交換をして、もう一度印刷を再開することになりますが、トナーが空っぽになったときこそ、リサイクルトナーカートリッジを利用することを検討してコストを削減するチャンスでもあります。トナーが空っぽになったカートリッジを、もう一度利用したものを、リサイクルトナーのカートリッジといいます。リサイクルして、コスト削減することを検討することがトナーカートリッジを取り替えるときのポイントということになります。

リサイクルトナーを活用するポイント

トナーが空っぽになったカートリッジを活用するためには、まずそのカートリッジを、トナーカートリッジをリサイクルする業者に来てもらって回収を依頼します。業者が持ち帰って分解して、トナーが充填している部分を洗浄します。リサイクルトナーのカートリッジが消耗しているところがあった場合は、その部分の修理を行って、その後で充填をしていきます。充填が済んだら試験的な印刷を行ってみて問題がないということであれば、業者から充填済みのリサイクルトナーのカートリッジが届けられるという流れが一般的となっています。カートリッジの方も消耗するので、何度もリサイクルを繰り返すのは難しいですが、およそ四回から五回ぐらいは利用できるのが一般的です。こうすることによって、最大でコストが90パーセントも削減できる場合があります。

急いで届けてもらうための注文手順

リサイクルトナーのカートリッジを業者に回収してもらってから、分解をして洗浄し、充填をするという流れで交換を行うと、商品が到着するまでにかかる期間を待つ必要があります。事前にリサイクルトナーのカートリッジを用意しておいたり、商品が到着するまで待つ余裕があるというときには問題がないのですが、急いで印刷をしたいというときには困ってしまいます。ですが、急いでいるときでも、リサイクルを利用してコストを削減することはできます。急ぎの注文にも対応をしている業者はたくさんあるためです。急ぎでいるときには、充填が済ませてあるリサイクルトナーのカートリッジを届けてくれる業者もあります。利用する人は、その商品を受け取り、交換を済ませてから、宅配業者を介して空っぽになったカートリッジを送り返せば問題ありません。