リサイクルでお得に交換するトナーやカートリッジ

リサイクルトナーとは最近話題になってきたもので、資源の節約をもとに環境にやさしくそしてとても経済的なので人気のカートリッジです。まず、トナーとはコピー機やプリンターにつかわれるインクのようなもので帯電させた色つきの粒子を静電気で印刷したい形に転写し、焼き付けて印刷します。そうしてトナーは使用されるのですが、どうしても高価でなかなかに経費のかかるものです。その点リサイクルトナーは一度純正品のトナーカートリッジがしようされ、回収されたものを分解して洗浄され、使える部品を再使用されているのでとても安価になっています。物によっては純正品の10分の1以下の価格で購入することができます。これはリサイクルトナーが純正に比べとても経済的だといわれる点です。

リサイクルトナーのお得なメリット

リサイクルトナーのメリットと言えば純正品のトナーカートリッジにくらべ、とてつもなく安価で、環境にもやさしいということです。それに加え、アフターサービスがとても充実しているということです。「品質永久保証」リサイクルトナーの品質を永久的に保証してくれるものです。不具合が発生した場合、新しいものに交換してもらえます。「プリンタ保証」ではリサイクルされたこのトナーが原因でプリンタを壊してしまった場合にプリンタを修理してもらえるというものです。「返金保証」新しいタイプのトナーとなるので発色や性能に心配のある方はおためしとして使用でき、満足できなかった場合は返金してもらえます。使用したあとは無料でカートリッジをしてもらえるのでまたリサイクルされて新しくうまれかわります。

お得なカートリッジのデメリットを理解しましょう

メリットをみるとなんとも万能な新しいカートリッジのように思えますが、どうしてもデメリットがあります。そのデメリットを理解したうえでうまく使用しましょう。一つ目は、リサイクル品全てにいえるものですが、どうしても一度使われた中古のカートリッジの部品を使っているので経年劣化による疲労破壊が純正品より早く起きてしまうということです。純正品のカートリッジはほとんど不良品がでませんが、リサイクル品では数%の確率ではありますが不良品がでてしまいます。もうひとつは、純正品との発色の差があることです。こちらもリサイクル品ならではのことで、一度しようされた部品を使っているのでどうしても純正とは違った色合いになってしまいます。これらのデメリットを踏まえたうえでうまく使用することが大切です。